日東駒専ってなんの略?いつから呼ばれている?

サイトイメージ

駒澤大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

駒澤大学の入試の難易度

駒澤大学の特徴 イメージ

駒澤大学と言えば駅伝やサッカーなどのスポーツ関連の学部が有名ですが、その他の学部でも、関東の私大の中で中堅の位置づけにある大学です。

日本大学、東洋大学、専修大学と並び日東駒専などと呼ばれる事もあり、早慶上智明治大学など難関私大の次にランクされています。

このように聞くとかなり入試の難易度が高いのではないかと思われるかもしれませんが、それほど高くはありません。 駒澤大学の偏差値としては、一番低い学部で45程度から一番高い学部で64までの範囲内です。

その為、自分にあった学部を選択する事ができます。必要科目は二教科か三教科の選択式になっていますので、自分の得意な教科を選んで受験することができますし、センター試験利用も可能です。

駒澤大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

駒澤大学はいくつかある学部と研究科がひとつのキャンパス内にあるのが最大の特徴と言えるでしょう。 そして主な卒業生は久保利伸やブラザートム、伊藤大征、佐野泰臣、中山幸一、日高七海などの芸能人から、声優では織田優成、佐藤正治、永堀美穂、政治家では渡部篤や山本剛正です。

それからスポーツ選手も多く排出していて、新井貴浩と良太の兄弟や武田久、中畑清、大島洋平といったプロ野球を経験した人たちがいます。

サッカーでは渡邉晋、湯澤洋介、那須大亮、林健太郎、森田剛平などの名前があります。

その他にも落語家やジャーナリスト、作家、新聞記者、アナウンサー、ナレーターといった職業にも駒澤大学の卒業生の面々が存在しているのです。

駒澤大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

現在、駒澤大学出身のスポーツ選手が多く活躍しています。スポーツと言えば、いろいろな種類がありますが、中でも、野球での活躍が目立ちます。

例えば、新井貴浩です。彼は駒澤大学から広島カープへドラフト指名されプロ野球選手となり、広島カープでひたむきに頑張ってきました。

その努力が報われ、フリーエージェント権を取得し、阪神タイガースへ移籍しました。ただし、数年は活躍したももの継続することはできず、数年前に再起を誓って広島カープに戻ってきました。

そして、メジャーリーガーの黒田が戻ってくるなどの偶然が重なり、昨年、広島カープで優勝することができました。

このように、駒澤大学出身のスポーツ選手はひたむきに頑張って花を咲かせる選手が多いです。

TOP